自主謹慎は、ギャンブルを休んで、潜在的なギャンブル依存を阻止、抑制する必要がある場合にお勧めします。

停止は、ギャンブル依存などの問題が起きるリスクがない場合でも、ギャンブルを休みたい場合にお勧めします。